みいちゃん、買ってもらったばかりのお雛様を壊したはなし。

みーちゃん、やってしまいました。

買ってもらったばかりのお雛様…壊しちゃいました。涙

正確に言うと、親の予想を軽く超えた成長と、パワーを見誤った事が原因の1つではあるものの…。

パパに預けて数十分。

「ごめん、やってしまった。」

「え?」

「お雛様、壊してしまった。」

「えーーっ?!!」

まさか、目を離した隙に、高い台を揺らしてはたき落とすとは…。

買ってもらったばかりなのに、大ショック。

みいちゃんの身代わりになってくれ…た?

お雛様は、子供の健やかな健康を祈って飾るお人形です。

そのため、子供に降りかかる災難を、身代わりに受け止めてくれる存在だと言いますよね…。

今回壊してしまったお人形は、きっとみいちゃんの災難を代わりに引き受けてくれたんだ。

そう思おう、そうに違いない。

そう考えなければ、悲しすぎて立ち直れない。

たくさんお友達がいた方がいいからと言うおじいちゃんの思い

みいちゃんのお雛様は、みいちゃんママのお父さん(つまりみいちゃんのおじいちゃん)が、みいちゃんのために送ってくれたばかり。

「みいちゃんが、たくさんのお友達に囲まれて過ごせますように。」

おじいちゃんがそんな思いを込めて、お内裏様とお雛様と2人を囲む三人官女と2人のお供がにぎやかに見守るお雛様を選んでくれました。

それなのに…涙!!

お内裏様とお雛様の2人を見守るお供のお人形のうち1つが、みいちゃんに降りかかる災難をかぶってくれたのかもしれません。

ひな祭りが終わったらお治しへ

ただ、不幸中の幸いというか、なんというか。

このやり場のない悲しみを癒す唯一の救いとしては、

修理すれば、目立たない場所に傷がついているということでしょうか。

ひな祭りが終わったら、お供のお人形さんの傷を綺麗になおして、

どうかみいちゃんがお嫁さんに行くまで、しっかり見守ってもらえるように、改めてお願いして、

より大切に扱おうと思います。

 

それにしても、じいじごめんなさい〜涙!!

関連キーワード
  • おまるを引きずって歩くみいちゃんと疲弊するママの1日
  • みいちゃん1歳4か月、恐怖の「ひとりでねんね」と、増えてきた「鼻」「口」などの意味ある言葉について。
  • 名前を呼ぶと、はーい!とお返事できるようになりました。
  • ベビースイミングに通い始め、頭から水をかぶっても大丈夫になりました。
  • わんわんとにゃんにゃんと…これは…なに!?
  • そこにシーチキンくる?本やらなにやらてんやわんやなトイレの話
おすすめの記事